ワンちゃんと一緒に生活するのってとっても楽しいし、

幸せなことがたくさんありますよね!

 

帰ってくれば大歓迎で迎えてくれるし、

可愛いまなざしでじっと見つめてくるし、

何といっても幸せそうな寝顔を見ている時は一番癒されますよね。

 

 

でも、、、

 

一緒に生活していると、だんだんと気になるところが出てくることもありませんか?

  物音にだんだん敏感に反応するようになってきた・・・

  お散歩中に引っ張る力がどんどん強くなってきた・・・

  他のワンちゃんを見かけると吠えるようになっちゃった・・・

 

この困った行動さえなくなれば本当に可愛くていい子なのに、なんて思っている人もいたりして?

 

 

じゃあそのお悩み、解決しちゃいませんか!?

 

 

ここでは、『犬のがっこうECO-LE』に通っているワンちゃんや、お問い合わせの内容から、

しつけのお悩みで特に多い「困った行動」を絞り込んでご紹介します。

ぜひ参考にしてくださいね!

このページは初めて子犬を飼って間もない、あなたのためのページです。

長年の夢だった、犬がいる生活がいよいよスタートしましたね。
おめでとうございます!!


でも・・・

 

 

「あこがれていた生活とは違う?」
という人も多いんじゃないでしょうか?

なぜって、子犬育てはとっても大変だからです。
「大好きな犬のことなら乗り越えられる」
なんて思っていた決心も、崩れる寸前ではないでしょうか?

でも、それは
あなただけではありません。
みんなそうなのです。
だから、自分を責めることだけは決してしないで下さいね。
あなたが悪いのではないのですから。

 

さて、ひとまとめに子犬の悩みといっても、

どんなことで悩んでいるかは人によって違いますよね。

トイレ?
要求鳴き?
甘噛み?

大丈夫!!私たちに任せてください。

ECO-LEではどんなお悩みにも対応できる環境があるのです!

ぜひ、私たちに相談してくださいね。

一緒に、愛犬にベストな方法を見つけましょう。

カウンセリングのお申込みはとってもカンタン!
↓をクリックして相談したいことを書くだけ

相談したいことを教えてください!!

出張トレーニングについてはお問い合わせください。

 

 

子犬を飼った方へ!「子犬お悩み相談室」☆

がっこうもいいけど、できれば自分で頑張れるところまでは頑張りたい・・・。

ちゃんと話をして、その場でアドバイスして欲しい!!

そんなあなたのために、こんなものを用意しています。

実際にお店で相談をお聞きしてその子に合った方法を一緒に考えていくスタイルの

『子犬お悩み相談室』です。

 

内容

子犬を迎えてこれから楽しい暮らしが始まりますね!

でも・・・子犬育てってこんなに大変なの!?

一人にすると鳴いて家族を呼ぼうとするし、

トイレは失敗ばかりだし、

遊ぼうとするととにかく噛んできて・・・

 

子犬が家に来たことは嬉しいし楽しいことも多いけど、

くじけそうになる時ってありますよね。。

 

でも大丈夫!!

つらい時には一人で悩まないで私たちに相談してください!

あなたと可愛い子犬がもっともっと幸せに暮らせるように、

私たちにお手伝いをさせてください。

 

また、お店に来れないあなたのために、
こんなものも作りましたよ!

雑誌やインターネットには書いていない、
レッスン中の質問でみんなが
「なるほど!」
というポイントを思い出して作ったメールレッスンです!!

 

■吠えた!叱ったほうがいいの?無視がいいの?
■遊びで手に噛んできた!叱ったらても効果なし!どうすればいい?
■トイレに失敗?トイレシーツからはみ出した。叱る?褒める?

こういうことをまとめていますよ。

一生懸命なあなたが、疲れてしまうとわたしたちも悲しいので、
このメールレッスンだけはとくべつに登録を無料にしました。



題して
「わかりやすい!子犬のしつけ」
あなたの家族と愛犬が幸せになる、無料のメールレッスンです。
がんばり過ぎない子犬育ての方法、いっしょに考えませんか?

お申込みはとってもカンタン!下の欄を記入するだけ

お名前
郵便番号
メールアドレス

「分かりやすい!子犬のしつけ」メルマガはこんな感じ。


登録後スグに1回目のメールが送られてきます。
届かない場合は、エラーかもしれないので、お手数ですがこちらへメールを下さい。

犬の無駄吠え

|

『うちの子、吠えちゃうんです・・・』

 


※ご要望が多かったのでチャイムの吠えだけでは無く、
全般的な無駄吠えについての記事に変更しました。

このお悩みは犬を飼っている人の大半が抱えているのではないでしょうか?

このお悩みで相談にいらっしゃる方、とっても多いんです。

特に静かな夜は困りますよね。

自分だけが迷惑ならよいですが、周りにも迷惑かけてしまうのでは?

と思うと、気が休まりませんよね。

気持ちはと~ってもよく分かります。

でも、治し方の情報は世の中に沢山あふれています

インターネットやテレビで雑誌などなど。

全部試してみたけど、上手くいかない!!

という方、結構多いんです。

決して情報が間違っているわけではありません。

なぜでしょう?

その理由は!!





答えは「犬に合ってない方法」だからです。

まず吠える原因が犬と状況によって異なります。

・警戒をしている場合

・要求をしている場合

大きく分けるとその二つに分かれます。

原因によって、その対処法が違うわけですから、

まずは原因を調べる必要があるんです。


効果があるかどうかも犬によっても異なります。

・性格は大人しいか、激しいのか?

・飼主に依存しているかどうか?

・他の人は好きか、苦手か?

・音に敏感か、刺激に敏感か?

・我慢する力はどの程度あるのか?

ざっと考えただけでも、これだけあります。

細かいところまで考えると、もっと沢山あるんです。


もう一つなかなか難しいのが、タイミングです。

叱る場合は、吠え始めを叱るのが効果的。

でも、ほとんどの人が遅れちゃいます。

褒める場合も、一瞬吠え止んだ隙を褒めていかないといけない。

でも、褒めるチャンスを逃してしまう。

だから本当は効果のある方法でも、効果が出なくなってしまうんです。


じゃあ、どうすればよいんでしょうか?






シンプルに考えると良いんです。

「吠えるときには叱る、吠えていないときに褒める。」

本当はこれだけなんです。


では、もう少し具体的に考えてみましょう。

■警戒の場合

警戒吠えの場合は、まず警戒している対象が何かを調べるのことが大切です。

たいていは、他の人、他の犬であることがほとんどです。

その場合、吠えることを止めさせるよりも先にやることがあります!!

それは、「慣れさせる」ということです。

もしも、ご近所が危ない地域で悪い人や悪い犬ばかりなら、

吠えてくれたほうがいいですよね(笑)

でも、そうでないのに吠えるから困ってしまうんです。

犬からすると、他の人、他の犬の経験が少ないため、

まだそれらを警戒すべきものとして、認識しているので、

吠えることで、自分のみを守ろうとしているだけなのです。

ですから、他の人、他の犬が警戒する必要の無いもの、

として認識できたら、吠える必要はなくなるんです。

ですから、まず必要なことは「慣れさせる」ということです。


とはいえ、子犬と違って大人になってから他の犬や、

他の人に慣れることは、とっても大変。

これは《人・犬が怖いのページ》に詳しく書いてありますから、参考にしてみてさいね。


とはいえ「慣れさせる」が終わっても、完全に吠えなくなるわけではありません。

習慣で吠えている場合もあるからです。

それでも、今までに比べると精神的には落ち着いていますので、

人の言うことを聞きやすくなっています。

基礎訓練ができているようであれば、

「吠えるな」を教えることが可能です。

もしも基礎訓練ができていなければ、

飼主の命令は無視してよいものと教えるだけなので、

必ず基礎訓練を先に行ってください。

基礎訓練とは、人の横について歩く「ついて」

「おすわり」「まて」のことです。

細かいこと、書くと長くなりすぎるので、ここでは省略しますが、

最低限おやつが無くてもできるようにしてください。

方法は、先に書いたように

「吠えるときには叱る、吠えていないときに褒める。」です。

特に吠え止んだときに褒めることは大切です。

叱り方、褒め方はたくさんあるので今回は省略しますが、

「吠えるな」の練習を始めたら、徹底してください。

最低一つのやり方で1ヶ月は続けてください。

チョット長いように感じますが、いままで「吠える」を、

どのくらいの期間やっていましたか?

理論的にはそれ以上の期間「吠えるな」を教える必要があるんです。

でも私たちにはその期間を短縮する技術があります。

もしも自分でやるのは心配、チョット楽したいというあなた、

良かったら私たちにご相談ください。


■要求吠えの場合


要求吠えの修正はとても根気のいる作業です。

なぜなら、徹底的に無視をするという地味な作業が一番効果があるからです。

例え叱ったとしても、叱るためにあなたが近くに来てくれることは、

実はご褒美になっている可能性があるからです。

・独りぼっちになるのが嫌い

・狭い場所に入れられるのが嫌。

・留守番が苦手

などで吠えている場合、要求吠えの可能性があるからです。

これも警戒吠えのときと同様、いきなり「吠えるな」を教えるのは無理です。

こういう犬の場合、精神的に自立しておらずあなたと離れることが、

軽いパニックになっているからです。

まずは、あなたから離れても大丈夫ということを練習しないといけません。

お友達の家に預けるでも良いですし、散歩してもらうことでも良いです。

もしも、あなたが離れることが心配なのであれば、

それはあなたが「子離れ」ならぬ「犬離れ」が必要かもしれませんよ~(笑)

冗談はさておき、こういう子は自立心が育っていないので、

他の面でも、過剰反応する傾向があります。

例えるなら体が弱い人が風邪をひきやすいのに似ています。

もしも、心当たりがあれば、犬の自立心を育てる練習をしみてくださね。


飼主さんから離れることができるようになったら、

「吠えるな」の練習に入れます。

ここでも基本は

「吠えるときには叱る、吠えていないときに褒める。」です。

実際には「吠えるな」を教えるというよりは、

「吠えないほうが良いことが起こる」と教えるのです。

つまり、吠えているときは徹底的に無視をします。

見たり、声をかけることもダメです。

この場合の「叱る=無視」です。

こういう環境を作ることで、「吠えても無駄」と思わせるのです。

ただ、そこに行き着くまでは、とても時間がかかります。

一時的には、吠え声は大きくなるかもしれません。

または、さびしそうな声で無くかもしれません。

犬も要求を通すために必死ですから、あらゆる手を使ってきます。

余計吠えるのがひどくなった場合は、もうすぐ良くなるサインだと思ってください。

いずれ、疲れたり、息継ぎで大人しくなる瞬間があります。

まずは5秒大人しくなったら、思いっきり褒めてください。

軽く褒めるのではないですよ、思いっきりです!!

犬がびっくりするくらい褒めるのです。

最初は何で褒められているのか理解できませんが、

犬は確率で判断する動物です。

同じことが何度も起こると、必ず理解できるようになります。


ここでよく間違えがちな、注意事項があります。

一度、吠え止んで、再度、吠え始めたときに、褒めてしまうパターンです。

これは最悪です。

犬は吠えることを褒められたと思ってしまいます。

ですから、余計吠えるようになります。

これだけは絶対に止めてくださいね。

留守番のときに吠えてしまう犬の練習に置き換えると、

吠えているときに、玄関のドアを開けてしまうというのもこのパターンです。

出掛けに忘れ物をしたときなどは、結果的にこのパターンになるので、

要注意です。


2つのパターンを簡単に書いたつもりですが、

文章だとこんなに長くなってしまいます。

ここまで、お付き合いいただいて本当にありがとうございます。

私たちがこういったあまり表に出ていない情報を公開するのには、訳があります。

「犬が吠える」問題は本当に辛い事を知っているからです。

必ず良くなることを知っている私たちでも、

本当につらくなるときがあります。

まして、本当に良くなるの?と疑問を持ちながらやることは、

すごく不安な時間を過ごさなければなりません。

本当は犬を飼って素敵な時間を過ごしたいだけなんですよね。

でもかわいいから余計に苦しくなるんです。


あなたは吠えている犬を見たときどう感じますか?


「今がんばっている最中だから、温かく見守ってあげよう」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私たちはこんな温かい、犬を取巻く社会を作りたいと考えています。

これは、尊敬する介助犬のドッグトレーナーの言葉です。

恥ずかしながら、当時の自分たちは、

「きちんとトレーニングすれば吠えないようにできるのに、なぜ?」

と相手を攻めるような気持ちを持っていました。

もし、犬を飼っている人も、飼っていない人も、

そういう温かい気持ちで見守って上げられる社会なら、

きちんと「吠えるな」を教えられますもんね。

がんばっているときに、「うるさい!」とか言われたら、

だれだってがんばれないですもんね。

愛犬が吠えて迷惑をかけても気にしない人たちのことよりも、

愛犬が吠えないようにがんばっている人を応援でしたいんです。

私たちの周りには「吠える」をいっしょに乗り越えた、

素敵な犬とその家族がたくさんいます。

きっと一人で悩むよりも、同じ悩みを共有したほうが、

気持ち的にも楽ですし、目的も早く達成できます。

よかったら、私たちに会いにきてください。

私たちはあなたの相談にのることがうれしいんです。

カウンセリングは無料です。

まずは一度お気軽にご相談ください!

いつか、あなたと愛犬にも会えることをとても楽しみにしています。

カウンセリングのお申込みはとってもカンタン!
↓をクリックして相談したいことを書くだけ

相談したいことを教えてください!!


もし細かいことが書くのが面倒だと思ったら、必須事項だけでもいいですよ。

『お散歩に行くとグイグイ引っ張ってまともに歩けない・・・』

 

たいていの場合、愛犬はお散歩に出れた喜びと興奮から

「早く行こうよ!」とリードを引っ張ってしまっているのです。

引っ張ること自体がとっても悪いこと、というわけではないんです。

でも、、、

 

愛犬が飼い主さんよりもずっと前を歩いてしまうと、

急に車や自転車が飛び出してきたり、

他のワンちゃんと出会い頭にケンカしてしまったり、

いざという時にサッと守ってあげられない・・・・・・。

ワンちゃんがちゃんと人の歩くスピードを意識するようになると、

危険から守るのはとっても容易になります。

愛犬と並んで歩くということは、愛犬を守るためでもあるんです!

 

じゃあどうやって並んで歩くことを教えればいいの?

簡単です!

『隣で落ち着いて歩いてた方が楽しいことがたくさんあるよ♪』

ということを教えてあげればいいだけですから。

 

お散歩の引っ張りでお悩みの方はぜひ

ECO-LEにお任せください!!

自信を持って、引っ張らないように練習して、

飼い主さんでも出来るようにレクチャーさせていただきます。

まずはカウンセリングでお気軽に相談してくださいね。

 

カウンセリングのお申込みはとってもカンタン!
↓をクリックして相談したいことを書くだけ

相談したいことを教えてください!!

人や犬が怖い

|

『他のワンちゃんが怖いんです』『家族以外の人が嫌いなんです』

とても多く寄せられるお悩みです。

これは、治らないのでしょうか?





答えは「いいえ」です。


性格的に怖がりである、臆病であるというのは性格の傾向ですから、

それ自体を変えるのはなかなか難しいです。しかし!!

他の犬、他の人が嫌いというのは、克服することができるんです。


考えてみてください。

そういう性格の犬でも家族を怖がるわけではないですし、

もし同居犬がいれば、その犬には慣れていくわけです。

つまり人そのもの犬そのものがだめというわけではないんです。

ただ経験不足というだけなんです。


きちんとした手順で、経験をつんでいけば、必ず克服できるようになるんです。

ポイントはきちんとした手順でというところです。

焦ったり、無理をしないでくださいね。


ここで質問です。

もしも他の人と楽しい経験を沢山したら?

もしも他の犬は攻撃するわけではないという経験を沢山したら?

どうなるでしょう。

犬は確率で判断する動物です。

確率が高い経験で判断するようになります。

つまり、他の人は楽しい、他の犬は安全と考えるようになります。

そういう精神状態になったら、犬は無駄に攻撃をしないんです。


きっとあなたはここで、こういう質問を返したくなるかもしれません。

子犬ではないのですが大丈夫でしょうか?

その答えは、





答えは「大丈夫です!!」です。

もちろん子犬と同じスピードで慣れるわけではありません。

でも、大人になっても学習する力はあるんです。

犬の能力を見くびらないでください。

沢山の犬を見てきましたが、犬の環境に適応する力は凄いです!

がっこうの教室で隅っこのほうで固まっている犬が、

他の犬の臭いをかげるようになるのを何度も見てきました。

他の人に触られただけでおしっこ漏らしていた犬が、

自分から近づく姿を何度も見てきました。

あなたがあきらめなければ、必ず克服できるようになるんです。


ではどのように慣らしていけばよいのでしょう?

他の犬の場合と他の人の場合で説明してみます。

■基礎訓練


人の横について歩く「ついて」

「おすわり」「まて」ができるでしょうか?

もしできなければ、練習します。

ここだけでも、書くと長くなりすぎるので、ここでは省略しますが、

おやつが無くてもできるようにしてください。

これがどれくらいできるかで、

・その犬の我慢する力がどれくらい育っているか?

・人の言うことをきちんと聞けるのか?

がある程度分かります。

これができてないうちだと、危険が伴うので、

人慣れ、犬慣れの練習はしない方が良いでしょう。


■他の犬の場合



まずは、性格が分かっている犬に協力してもらって、

他の犬と接触して慣れるチャンスを作ってあげてください。

まずはお互いにリードがついた状態で、すれ違います。

最初はお互いが意識しない5mくらい離れた距離から、

始めるのが良いと思います。

そこから距離を詰めていきます。

もしも吠えたり、うなったりした場合は、きちんと止めさせてください。

上手く止まらない場合は、もう少し距離を離してください。


それがある程度できるようになったら、次のステップです。

犬を飼っているお友達の家にお邪魔するか、

自分の家にお友達の犬を招くかをして、

犬同士が自分の意思で接触できるチャンスを作ってください。

その際の注意事項は

・お友達の犬の攻撃性が無いこと確認してください。
できれば犬のボディーランゲージが分かっている方が良いです。

・リードなどで拘束されていると、自分のペースでの接触ができないので
ノーリードにできる場所で練習してください。万一ケンカが起こったときのために、
リードは引きずらせておくことが良いでしょう。

・犬が攻撃してしまう距離までは近づけすぎないでください。

・自分から興味を持つのを待ってください。

・変化が見えない場合も、愛犬の意思を尊重して、少しの変化を褒めること。

・万一の場合に攻撃が止まるくらい訓練を入れておくこと。

・飼主さんがいると頼ってしまうので、できればいないほうが良いですが、
不可能ならば、頼らない場所に逃げるか隠れてください。

書いていて思ったのですが、こういう状況を作るのはなかなかできないですよね。

ドッグランは色々な犬がいるのであまりお勧めしません。

(ドッグラン自体をお勧めしないのではなく、

おとなしめの子には刺激が急すぎるということです。)

本当は犬の幼稚園的なところへ入れるのが一番楽で効果のある方法です。

ただ犬の幼稚園は年齢制限があります。

社会化できる環境を作るというのは、

自分たちが出張トレーニングの現場で、本当に困っていたことでもあります。

問題行動の解決ができて、年齢の制限も無い、幼稚園スタイルのところ

を探してみてくださいね。


■他の人場合


まずは協力してもらえるお友達を探してください。

犬は抱っこなどをせずに地面においてください。

リードは万一のことを考えてつけておいてください。

お友達には目を見ないで、できるだけ低い姿勢をとってもらってください。

この時点で攻撃的な態度が見られる場合はそれ以上無理をしないください。

もしも少し興味があるようであれば、

手の甲の臭いを嗅がせてあげてください。

指を出すと噛む可能性があるので止めてください。

まずは臭いをかげたら褒めてあげてください。

おやつが食べられそうなら、お友達の手から与えるのも一つです。


重要な部分だけを書いてみましたが、いかがでしょうか?

細かいことまではなかなか書けませんが、

これをやってみるだけでも、愛犬の反応の特徴はつかめると思います。

攻撃性がすでに出てしまっている場合は、

リスクが高いのでお勧めしませんが、

そうでない場合は、挑戦してみてくださいね。


もしも、あなたがいまの状況を変えたいと思うなら、

できることからやってみてください。

「これは性格だから仕方がない」とあきらめる選択肢もあなたにはあります。

それも決して悪い選択肢だとは思いません。

でも、犬と一緒に乗り越えた先にあるものは、また違った幸せがあります。

私たちはこの幸せを少しでも多くの、犬を飼っている家庭に伝えたいのです。

避けるよりも挑戦して乗り越える喜び、です。


犬と「真剣に」向き合うと、自分の弱さに直面します。たとえば、

・一つのことが長続きしない。

・感情的になってしまう。

・誰かのせい、何かのせいにしたくなる。

・物事の良い面より悪い面が気になる。

・他と比べてしまう。

などなど、こういう自分の弱さのせいで、

犬に意思が伝わらないことがあるのです。

ですからこういう自分の弱さを認めていかないと、

人も犬も成長できないのです。


でも、「真剣に」犬と向き合ったとき、

犬は必ずヒントを出してくれるんです。

自分の弱さを受け入れたとき、それが強みに変わるんです。

今でも100%できているとは思いません。

もしかしたら10%くらいしかできていないかもしれません。

時にはマイナス成長に感じることもあります。

それでも確実に犬も人も共に成長していることが実感できます。


私たちはこの仕事にめぐり合えて本当に幸せなんです。

犬が成長してく姿はとてもうれしいです。

でも飼主さんが笑顔になってくれるともっともっとうれしいです。

笑顔の裏には大変だったこともあります。

そのお手伝いができることが私たちの喜びです。

私たちの周りには素敵な犬とその家族がたくさんいます。

いつか、あなたと愛犬にも会えることをとても楽しみにしています。


もしもお困りのことがあれば、私たちにお手伝いをさせてください。

私たちはあなたの相談にのることがうれしいんです。

カウンセリングは無料です。

まずは一度お気軽にご相談ください!

カウンセリングのお申込みはとってもカンタン!
↓をクリックして相談したいことを書くだけ

相談したいことを教えてください!!
もし細かいことが書くのが面倒だと思ったら、必須事項だけでもいいですよ。

2008年2月 4日

(snip)

2008年2月 3日

(snip)

2008年2月 2日

(snip) (snip)

2008年2月 1日

(snip)